Maison Margiela pop-up store discovering the Autumn-Winter 2018 collection

ES07194660
2018年9月14日(金)、エストネーション六本木ヒルズ店に、メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクションにフォーカスしたポップアップストアがオープンする。

メゾン マルジェラは、2018年秋冬メンズコレクションにおいてクリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノが手掛ける初のメンズウェアをローンチ。そのジョン・ガリアーノが2017年秋冬「アーティザナル」コレクション(オートクチュールに相当するコレクション)で提起した’New Glamour’(ニュー・グラマー)の概念が、メンズのクラシックなワードローブと結びつき、過去と現在のメゾンのコードと交差しながらメゾンの新たなコードとしてさらに進化を遂げた。

「シナジー」とは、異なるコードを掛け合わせてひとつの新しい言語に統合されたとき、思いがけない相乗効果を生み出すこと。今季のメゾン マルジェラは、この現代的な価値観を通して、ジェンダーや伝統を超越するような新しいドレッシングのアプローチを表現している。このポジティブなメッセージを秘めたシナジーを示すグリフは、イエローにペイントされたショー会場にシンボルとして出現し、象徴的なモチーフとして今季のガーメントやアクセサリーにもほどこされているのだ。

「シナジー」をテーマに、ショー会場のアティチュードを再現した今回のポップアップストアでは、ランウェイに登場した新アイコンバッグ’Glam Slam’をはじめ、シナジーのグリフをあしらったビブラムソールの’’SMS’スニーカーや’Puffa’(パファ)スリッパなど、クラインブルー、イエロー、レッドの鮮やかなカラーパレットのアクセサリーコレクションを展開。
ウィメンズコレクションからは、メゾンのアイコン的存在の「タビ」シューズをはじめ、ハウスコードである「アンコンシャス・グラマー」の概念を反映させた新作コレクションが登場。現代の女性におけるエレガンスとグラマラスを追求したスタイルを提起している。

さらに、エストネーション六本木ヒルズ店の15周年を記念して、リミテッドエディションのユニセックスTシャツ(3枚セット)が販売される。フロントの胸元と裾、バックの背中にそれぞれ’LIMITED EDITION – ROPPONGI – 15th Anniversary ESTNATION’の文字がプリントされた3種の異なるデザインのTシャツがパッケージされており、それぞれのTシャツの背中にはメゾンのアイコンである白い4本のステッチがほどこされている。カラーはピュアホワイトとブラックの2色展開。
ES07194682
ES07194684

Maison Margiela pop-up store discovering the Autumn – Winter 2018 collection
会期 9月14日(金)~10月5日(金)
会場 エストネーション六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ ヒルサイド けやき坂コンプレックス1F・2F

Maison Margiela limited editions – ESTNATION ROPPONGI 15th Anniversary
発売日   9月14日(金)
カラー    ピュアホワイト、ブラック
価格    48,000円(本体価格)
サイズ   XS, S, M, L
展開店舗 エストネーション六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ ヒルサイド けやき坂コンプレックス1F・2F
お問い合わせ先 ☎︎03-5159-7800

No Comments Yet

Comments are closed

 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur a dipiscing elit. Vivamus leo ante,

FOLLOW US ON