LOEWE Spring & Summer 2019

ロエベ 2019 S / S ウィメンズ・コレクション
ジョナサン・アンダーソンは、今日の現代美術に息づくモダニズム初期のエコーに思いを巡らせてパリのユネスコ本部に展示会を模して作られた空間内でウィメンズのショーを行った。ロンドンにかつて存在した試験的なギャラリーであるSIGNALS(1964-1966)を再現したファサードを通って中に入ると、そこには20世紀中期の部屋に復元された室内、動的かつ音響的な一連のファイバーアートを体験することができる。ララ・ファヴァレットによる回転する洗車ブラシや、ロエベ・クラフト・プライズの最終選考に残った ジョー・ホーガンによる素朴な編み籠、鯉江良二による陶器が載せられたレコードプレーヤー、そしてシャボン玉など匠の技も詰まったショーとなった。

Loewe_SS19_Look_01

Loewe_SS19_Look_03

Loewe_SS19_Look_22

Loewe_SS19_Look_06

Loewe_SS19_Look_52

Loewe_SS19_Look_15

loewe.com

No Comments Yet

Comments are closed

 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur a dipiscing elit. Vivamus leo ante,

FOLLOW US ON